本文へスキップ


 委員会活動 リーガル・ソーシャルワーク委員会

【委員会設置目的】
矯正施設や地域生活定着支援センター、更生保護施設等に従事している社会福祉士や司法分野に関心のある社会福祉士のネットワーク構築及び、福祉の支援が必要な罪を犯した高齢者・障害者への支援体制について調査研究を行う。
【基本方針】

罪を犯した高齢者・障害者への支援に対する社会福祉士の役割の明確化およびネットワーク構築。
【重点目標】
1.罪を犯した高齢者・障害者への支援に対する社会福祉士の役割の明確化および司法分野に関心のある社会福祉士のネットワーク構築。


罪に問われた高齢者,障害者の刑事弁護における
司法と福祉の連携のための平成30年度四会合同研修(第2回)

  • 開催日時 平成30年12月2日(日)10:00〜16:00
    場所  厚狭複合施設 第1研修室
    住所)山陽小野田市鴨庄94番地
      
    (厚狭駅在来線口から徒歩3〜4分)
    内容 「依存症専門病院の取り組みから」
       講 師:岡村真紀氏(医療法人信和会高嶺病院/精神保健福祉士)
    「依存症からの回復〜当事者の声をきいてみよう〜」

    「摂食障害について考える
    ~北九州医療刑務所での取り組みについて~(仮)」
      
    講 師:瀧井正人氏(北九州医療刑務所/所長)
     定員 先着90(参加の可否について個別に連絡は致しません。定員に達した後に申し込まれた方にのみ参加不可のご連絡をいたします
     主催  山口県社会福祉士会,山口県弁護士会,山口県精神保健福祉士協会山口県社会福祉協議会
    参加費  主催である四会の会員の方:500円
    主催である四会の会員以外の方:2000円  
      申込先
    申込締切
    所定の申込書にて、山口県地域生活定着支援センター宛てに、平成30年11月26日(月)17時までに、FAXでお申し込み下さい。FAX:083-922-1295
開催案内・申込書(PDF150KB)