本文へスキップ


 委員会活動 実習指導委員会

【委員会設置目的】
社会福祉士後進育成のため、実習指導者の養成とレベルアップを目的に活動する。
【基本方針】
実習指導を通して、社会福祉士を伝える。
・養成校と連携する。
・実習指導者のネットワーク作りをする。
【今年度の重点目標】
1.実習指導者講習会修了者を対象としてフォローアップ研修を開催し、実習指導者の養成とレベルアップを図る。

2018年度社会福祉士実習指導者講習会

「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、社会福祉士養成カリキュラムが改訂され、相談援助実習を行う実習指導者の要件として、実習指導者を養成するための講習会の受講が義務付けられ20124月から完全施行されました。下記の日程で、2018年度社会福祉士実習指導者講習会を開催しますのでご案内します。本講習会は実習指導者の要件を満たす講習会として厚生労働省に届出られたものです。

開催日 2018年10月27日(土)〜10月28日(日) 
場所  会場名:山口県立大学 南キャンパス D14        
所在地:山口県山口市桜畠3−2−1(TEL083-928-0211
内容 社会福祉士を対象とした2日間の研修
(実習指導概論、実習マネジメント論、実習プログラミング論、実習スーパービジョン論の4科目構成)
参加対象者 社会福祉士であるもの
 定員 50名
 参加費 社会福祉士会会員  10,000円
社会福祉士会会員外 15,000

 開催要項・申込書(PDF467KB) 申込書(word64KB)

  2018年度社会福祉士実習指導者講習会 事前課題(word44KB)